受付&ハート2個.JPG

市川市本八幡の小船歯科医院TOP>市川市本八幡の小船歯科医院|院長ブログ

市川市本八幡の小船歯科医院|院長ブログ

2007.04.28  ブラッシングについて

こんにちは!千葉県市川市本八幡の、小船歯科医院です。

  初めて来院される成人の方の口腔内ブラッシング状態を拝見しますと、一部の方を除き、ほとんどご自分なりに多少磨きにくい所に歯垢・歯石がついているものの、キレイに磨いているようです。ただし、その中でかなりの人が犬歯およびその後ろの第一小臼歯、あるいは第二小臼歯の歯頚部(歯肉との境の歯)に楔状欠損(くの字型の歯の擦り減り)を作ってしまっています。それが進行すると、その歯頚部の付着歯肉が傷ついて下がり、歯根が露出し、その露出歯根面に楔状欠損ができ、そこに知覚過敏様症状が現れます。その歯根は、エナメル質に被われている歯冠よりはるかに柔らかいので、歯冠歯根境界部の楔状欠損は加速度的に進行してしまいます。

投稿者 小船歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2007.03.01  当院の治療方針

こんにちは!市川市本八幡、小船歯科医院です。

当院の歯科診療に対する姿勢ですが、最終のゴールが食物を何でも気づかうことなく安定した状態で噛めるお口に持っていくということに尽きます。
したがいまして、主訴の部分を治療するのは当然ですが、他の部分にも疾患が潜んでいる場合、同意に基づき、一口腔単位で治療するというスタンスを主として取っております。それが、お口全体のトータル的なバランスを形作るのに大きく寄与することにつながります。そのためには必要あれば、歯並びを治す歯科矯正、智歯 (親知らず) を含む抜歯をしたり、歯根の治療をしたり、歯のない所を補う歯科インプラント治療を施したり、 そして最終的に、セラミック (白くきれいな人口の歯) をかぶせたり、金属歯としたり、義歯を入れたり という治療を進めていくことになります。 

猪のイラスト.JPG

投稿者 小船歯科医院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)